院内感染予防と対策

医療従事者として、感染症対策も徹底して行っていきます

人の体内・体外には様々な常在菌が存在し、お口の中にも漏れなく細菌が多くいます。歯医者において歯を治療する時に、治療器具に細菌が流出する場合があります(出血や唾液などに混ざるため)。当院では小さな治療器具一つに至るまで徹底的に滅菌し、感染症予防に努めております。この処理が不十分なままだと治療器具を通して他の患者さまへ深刻な感染症を引き起こす可能性があるため、とくに注意しなければいけない点なのです。感染症対策、特に当院のような徹底した滅菌には大変な手間・コストがかかりますが、患者さまの安心と安全にはかえられません。治療においてはできるだけ出血がないような治療を心がけており、さらに最先端・最高峰の滅菌・消毒設備を導入していますので、もしもの時に備えしっかりと予防を徹底しております。

清潔・安心で『クリーンな歯科クリニック』を

クリーンな環境作り歯の治療にはどうしても歯を削る際に舞い散る金属や削りカス・細かな粉塵が発生してしまいます。こういったものを吸い込まないように、当院では口腔外バキューム・サキュション(口の外で粉塵を吸い取ることのできる機材)を用いております。こういった治療の際に発しする有害物質をしっかりと吸引・除去することによって患者さまの感染リスクを限りなく低く保っているのです。

さらに院内の空気環境を清潔に保つために空気清浄機も導入していますので、空気中の細菌・ウィルス・花粉といったものも取り除き、常に患者さまに治療外での心配をお掛けしないように徹底しております。同時に匂いに除去にも努めておりますので、病院特有の嫌な臭いがせず、リラックス・安心して治療に臨んでいただけます。もちろんその他の器具の滅菌にも抜かりはありません。

注射針・麻酔液のカートリッジ・ドクターやスタッフが装着する手袋・外科用のメス・患者さまにご使用いただくエプロン・トレーペーパーまで、治療において用いるものは全てと言って良いほど可能な限り使い捨て(ディスポーザブル)にし、クリーンで安全な院内環境を実現しております。

エピオスエコシステムの使用

エピオスエコシステム当院では、チェアーサイドでおこなう患者さんのうがいはもちろんスタッフの手洗い・歯を削るタービンから出る水・器具の洗浄にいたるまで、治療に関わるすべてに『エピオスエコシステム』による電解殺菌水を使用しております。『エピオスエコシステム』とは、治療用のユニットや手洗い用の水など院内で使われるすべての水を「電解殺菌水」に変える装置です。電解殺菌水(高濃度次亜塩素酸水)とは、高純度の塩と水を電気分解させることにより、人体の白血球が持っている殺菌成分「次亜塩素酸」という成分を生成した水のことです。水と塩で生成されている為、人体に害がなく安心して治療をお受けいただけます。

使用する器具は『患者さまだけに』ご使用いたします

高水準の滅菌機器・滅菌室を完備しております

滅菌機器インプラント手術(失われた歯の根元にボルトを埋め込み、新しい歯を装着する治療法)は現在、多くの患者さまに大変満足して頂けている非常に効果的で有用な治療法であります。しかし外科手術を伴うといった流れ上、出血を伴った感染症のリスクがどうしても高まってしまいます。

当院では医師・スタッフの日頃からの技術力向上はもちろん、感染症予防のために患者さま一人ひとりに専用の滅菌された器具を用いて治療にあたります。また歯医者と聞くと皆様が想像する『タービン』と呼ばれる歯を削る器具がありますが、これは先端に小さなバーを取り付け、虫歯の部分を正確に削り取る歯医者の代名詞ともいわれる器具です。この器具は高速回転(毎分40万回)するため、滅菌処理の際にかすかな歪みでも生じてしまうと使用することができなくなってしまいます。

歯医者によってはこういった故障を避けるため、タービン・バーを正しく滅菌処理をしていない、との報道がされたことが過去にありました。当院ではこういった事はもちろんなく、どんなに小さな器具でも毎回適切に滅菌し、常に清潔な器具の使用を心がけています。間違っても複数の患者さま間を使い回すような事はしないので、ご安心して治療の臨んで下さい。

シロナ製DACの使用

シロナ製DAC当院では、通常使われる小器具類、鏡、ピンセットはもちろんのこと、ハンドピースにおいても、徹底した滅菌処理を行うための滅菌システムを導入しております。

このDACという機械で小器具を1本ずつ、内部・外部のすみずみまで洗浄していきます。全ての患者さまに対して、滅菌されたハンドピース(歯の切削器具)やミラー、鉗子などを使用することにより、万全の院内感染予防の対策を施しています。歯科医療現場において厳しいヨーロッパ基準と同じ衛生環境の下、安全な治療をご提供します。

当院の徹底した滅菌処理法とは

手洗い、超音波洗浄機でさらに細かく洗浄

手洗い、超音波洗浄機でさらに細かく洗浄当院で行っている滅菌処理をご紹介していきます。まずは第一にしっかりと手洗いを行い、細かな所まで綺麗にするために超音波洗浄機を用いております。治療器具を使用した後に素早くしっかりと洗浄することにより、付着した汚れ(タンパク質等)を除去、そのあとに物理的な除菌でさらに綺麗にしていきます、こういった過程を経ずに器具に汚れが付着したままではその部分に微生物が発生するリスクも高まってしまいます。そうなってしまうと、後でどれだけ消毒や滅菌処理をしても効果が見込ないため、当院では基本を蔑ろにせずしっかりと丁寧に行っていきます。

STEP矢印

個別にパックしオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)にて完全滅菌

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)にて完全滅菌洗浄が終わると個別のパックに器具を一つずつ入れていきます。オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)にかけて完全滅菌を行っていきます。この装置は高圧・高音の法話水上液を用いることによって微生物を死滅させることができる装置で、歯科クリニックのみならず幅広い医療・研究機関で用いられている信頼性の高いものとなっております。