スポーツ歯科

スポーツマウスガードとは

スポーツマウスガード

スポーツに起因するケガ・障害に対して、予防・対策ができるようにと始まったのがスポーツ歯学(医学)です。アメリカの補綴歯科学会においては『活動的なスポーツ・レクリエーションに直接的・間接的な関わり合いを持つ予防や治療法を含む総合的歯科学』と定義され、近年注目されてきている分野です。スポーツ外傷、特に顎口腔領域では口唇・頬粘膜といった口腔内科の軟組織の損傷があり、他にも歯の破裂・脱臼・顎骨骨折などがあります。当院ではこういったスポーツによる外傷に対しても、確かな技術力で治療にあたります。さらに、こういった外傷を受けないための予防策として、そのスポーツの分野を鑑み、さらに選手ひとりひとりにあったマウスガードを制作・装着することをご提案させていただきます。

スポーツマウスガードの役割とは

  •  直接的外力(唇側)から歯(とくに前歯・修復装置)を保護する。
  •  歯による損傷(口唇・舌・頬に対する)を防止する。
  •  下顎に外力が加わったときに上顎との破壊的な接触から歯および修復装置を保護する。
  •  衝撃力から顎関節(関節腔、関節円板など)を保護する。
  •  顎関節および歯列を介しての脳への衝撃による脳震盪や、より深刻な脳へのダメージを防ぐ。

弾性のあるマウスガードは、歯・口腔内の保護はもちろん、スポーツ・格闘技で起こる口腔内科・頭蓋骨・脳などへの外傷の減少にも効果が有る装置です。特にコンタクトスポーツ(激しい接触を伴うスポーツ)においては、マウスガードの装着が義務付けられたり、または推奨されています。こういったマウスガードを装着することで、歯・顎への外傷や脳震盪などの発生を抑制することができるのです。

特注(オーダーメイド)マウスピース

特注(オーダーメイド)マウスピース当院では事前にしっかりとカウンセリングを行い、患者さまの歯の印象(型)を把握し、その情報(模型)をもとにして専用の材料でマウスピーヅを制作していきます。このタイプのマウスガードは、優れた素材を用いて制作に時間・労力を要する分、患者さまにとって最も快適で違和感なくフィットし、かつ高いパフォーマンスを発揮します。


マウスガードが義務付けられているスポーツ

  •  ボクシング
  •  アメリカンフットボール
  •  キックボクシング。
  •  女子ラクロス
  •  インラインホッケー
  •  空手(一部義務化)
  •  ラクビー(一部義務化)

マウスガードの装着が推奨されているスポーツ

アクロバット、ベースボール、バスケットボール、吹奏楽団、サイクリング、円盤投げ、体操、馬術、ホッケー、ハンドボール、アイスホッケー、柔道、空手、ラクロス、モトクロス、マーシャルアーツ、パラシューティング、ライディング、ラグビー、ラケットボール、スキー、サッカー、スカッシュ、サーフィン、スケートボード、砲丸投げ、スカイダイビング、トランポリン、テニス、バレーボール、レスリング、重量挙げ、水球(米国スポーツ歯科学会より)