即日インプラント

インプラント治療では手術した当日から問題なく食事できます

ワンデーインプラント

当院がお勧めする即日(即時)インプラントは『即時荷重法』と呼ばれるもので、手術を受けたその日から白い仮歯の装着まで行える方法となっております。このおかげで仮歯の状態ではありますが、手術を行ったその日から普段通りの食事を行え、『歯がない状態』をつくらない事で患者さまから大変好評をいただいている治療法となります。

これまでのインプラント治療法では、インプラントを装着後、3〜6ヶ月という長期間をかけて顎の骨とインプラントの結合を待つ必要がありました。しかし、即日インプラントはそういった期間をなくすため、『無切開・無剥離で行うフラップレスインプラント』という施術を行い、手術の当日から普段と変わらない食事を取れるようになりました。こちらは現在では臨床データも増え、科学的・学術的根拠に基づいた確かで安全な治療方法としてご提供させていただいております。 さらに治療に必要な通院回数を大幅に減少させるため、特に遠方からの患者さまから来院の手間がはぶけたと、大変ご満足いただいております。

さらに全く歯がない方には『All-on-4』と呼ばれる治療法をお勧めしております。こちらは4本のインプラントを口内にバランス良く配置することで、少ないインプラントで全ての歯を支えることができ、たった一日でしっかりと固定された天然歯と変わらない義歯を装着することが可能となっております。入れ歯をご使用の方で「しっくりこない」と思われている方に特におすすめしている方法です。 当院では『歯の本数が少ない』・『歯が全くない』という状態の方まで、日帰りで手術を完了させることができる、非常に手軽で安全な治療法を提供しています。


フラップレスインプラント(無切開法)とは

フラップレスインプラントフラップレスインプラント(無切開法)とは、『CTスキャン画像による精密検査・CPUによる事前のシミュレーション』により、患者さまに最も適した埋入ポジションを判断し、安全で確実に任意の場所にインプラントを埋めるための手術を行います。これにより、術中のトラブルの軽減、さらに術後の安定感にも繋がります。

歯肉を大きく切開することなく治療ができるように、事前のシミュレーションと手術用ガイドを徹底することで、術中・術後の出血・腫れ・痛みを大幅に減らすことを可能にしております。また縫合や抜糸といった治療も必要がないので、手術そのものの時間や通院回数の短縮にもつながります。こちらは患者さまにとってのデメリット(痛み・来院回数・トラブル)を限りなく少なくする方法ですので、当院が自信をもっておすすめする治療法となります。

フラップレスインプラント(無切開法)と切開を要するインプラント治療との違い

切開を要する場合

  • 従来のインプラント治療1

    インプラントに用いる被せ物を装着する為のインプラントを埋入するため、目的の部分(歯肉)をメスで切開していきます。

  • 従来のインプラント治療2

    歯肉を開いて顎の骨を完全に露出させ、専用ドリルでインプラントを埋入する穴を開けます。

  • 従来のインプラント治療3

    インプラントを埋入し、再び歯肉を被せて縫合していきます。

  • 従来のインプラント治療4

    約1週間で縫合した部分の抜糸を行います。その後は数ヶ月後に2次手術が行われます。


切開を必要としない場合

  • フラップレスインプラント治療1

    インプラント専用のパンチング機等を用いて、目的の部分(歯肉)に数ミリ程度の小さな穴を開けます。

  • フラップレスインプラント治療2

    事前の検査データ・資料を元にして造られたれたガイドを歯に装着し、それに合わせて専用ドリルでインプラントを埋入するための穴を開けます。

  • フラップレスインプラント治療3

    インプラントを埋入します。骨の状態が良く初期固定が十分得ら、安定しているようであれば、手術のその日に仮歯を装着することも可能です。

  • フラップレスインプラント治療4

    上部構造をセットして完了です。


フラップレス(無切開法)のメリット

  •  『CTスキャン画像を用いた詳細なデータ・CPUでの入念なシミュレーション』によって安全・確実に手術を行うことができます。
  •  大がかりな手術(切開・縫合を要さない)でないため、手術時間や治療回数を短縮につながります。
  •  歯肉を切開しないため手術中・手術後の『出血・腫れ・痛み』を大幅に減らすことができます。
  •  歯ぐきの治癒が早いため、口内の見た目(審美性)を同時に向上します。
  •  メスを使用しない事によって、患者様の精神的不安を減らすこと効果が期待できます。
  •  顎の骨の状態が良く固定がしっかりとし、強度が十分保てるようであれば、手術当日に仮歯を装着することも可能です。

治療したその日から問題なく食事できるインプラントについて

オールオンフォー『All-on-4』(オールオンフォー)呼ばれるインプラント治療を用いることによって、治療したその日から問題なく食事を楽しむことができます。 今までのインプラント治療では、顎に埋め込むインプラントの本数は失った歯と同数必要でしたが、『All-on-4』を用いる事によって、その数は4〜6本と大幅に減らすことが可能となりました。

この方法ではわずかな支えで全ての歯を固定し、元の歯と同程度に回復させることができます。加えて骨の移植といった工程も必要なく、抜歯から始まってインプラントの埋め込み・仮歯の装着まで、当日のうちに終わらせることが可能となりました。

さらに当院で導入している『ノーベルバイオケア社のインプラントシステム』は、豊富な実績に基づいて開発・研究された製品ですので、数多くあるインプラント素材の中でも『素早く固定する・しっかりフィットする』といった特徴があります。そのため、顎の骨が少ない・状態が良くないケースでもきちんと固定することが可能となり、世界的にも非常に好評を得ている方法となります。 『フラップレス術式』は歯茎の切開もしないため、体への負担を大幅に減らし、縫合や抜糸の必要がないため、余計な心配・不安をかけることなく治療に臨んでいただけます。

オールオン4 Q&A

歯がまだ数本残っていますが、All-on-4は可能でしょうか。

可能です。通常、歯が残っている方や義歯を入れている方は手術当日までそのままご使用いただき、手術当日に抜歯を行います。同日中にインプラントを埋め込み、その数時間後(症状によっては次の日)には新しい歯(仮の歯)が入ります。


All-on-4をしたいのですが、どのくらい持つか心配です。

All-on-4の医学文献によると、インプラントの1年後の残存率は上顎で97.6%、下顎で98.2%、ブリッジとしては上下とも100%という結果が出ています。この成功率は大変高いものと言えます。


大掛かりな手術のようなので、痛くないか心配です。

手術中は麻酔をしっかりしますので、痛みは感じません。また、お口の中は体のほかの部分と比べると、手術の範囲が狭いですし、治りやすい部分でもあります。実際に手術された患者さんからは、思ったより楽だったという感想がほとんどです。


体力に白信がありません。年齢のことも気になります。

ノーベルガイドシステムは、本力のない方や高齢の方にも適しています。しかし、あご骨の状態によっては使用できない場合もありますので、歯科医師にご相談ください。


All-on-4後の歯磨きは難しいでしょうか?

All-on-4で歯磨きが必要なのは4本のインプラントだけなので、本数的に少なく楽だと言えるでしょう。歯ブラシだけでなく、水流タイプの清掃器具を併用するとさらにすっきりとするようです。

フラップレス術式(無切開法)の流れ

お口にテンプレートを装着し、専用器具(ドリル)で穴を開ける。

ガイデッドサージェリー事前にとって患者さまのCTデータを参考にし作成された『サージカルテンプレート』を、お口に装着します。このテンプレートにはCPUによって、患者さま一人ひとりに合う様にしっかとシミュレーションされた埋め込み位置・角度が反映されているため、しっかりとミスなく目的の場所へインプラントを挿入することができます。

STEP矢印

シミュレーションに従ってインプラントを埋め込んでいきます

こちらの工程でもテンプレートに沿って、事前のシミュレーション通りにインプラントを精確に埋め入れていきます。

STEP矢印

仮歯を装着すれば、当日の治療は完了します

コンピューターを用いた事前のシミュレーションによって、手術前に精巧な仮歯の作成が可能になりました。もちろん、術後にはしっかりと装着できているか・噛み合わせ・バランスを技工氏とともに入念にチェックを重ねますので、多少のお時間はいただきますが、治療の当日に仮歯をセットしておかえり頂くことが可能となっております。