無痛治療へのこだわり

『歯医治療には痛みがつきもの』、そんなイメージを払拭します。

子供の無痛治療

痛くない治療とは

従来の歯科治療では、みなさんご存知の通りどうしても『痛み』がつきものでした。歯を削るのはもちろん、麻酔を注射するときでも痛みを伴います。これを嫌って歯医者に通わない人が多いかと思われますが、当院では無痛治療を取り入れているので極力痛くない治療が可能です。

無痛治療とは最先端の治療器具・麻酔方法を取り入れ、さらに高い技術力を合わせる事によって実現します。さらに技術的な面で言えば、吸入式の麻酔(リラックス・鎮痛効果)やジェル状の表面麻酔(歯茎に塗布する)なども開発されてきていますので、こちらも大きな効果が見込めます。また『治療中の痛み』というものは、医師と患者さまの信頼関係のよっても大きく変わってくるものだと考えております。信頼できない医師だと、歯を削る時の小さな痛み・機器で歯を削る音だけでも、不安によって体験的な痛みを増大させてしまうものです。こういった事を踏まえ、当院では患者様との信頼を築く事から始め、リラックスして治療できる環境づくりに取り組んでいます。

『無痛治療』を実現させる7つのポイント

さらなる痛み緩和のために、表面麻酔を使用してます

治療において一番初めに感じる痛みは、やはり麻酔時の注射です。特に前歯付近だと涙がでるくらい痛みを感じる事が多々有ります。当院ではこの注射をする前に、表面麻酔を使用しております。こちらはジェル状の薬品で塗るだけで注射の痛みを緩和させます。

麻酔薬を適温に保つ事で、痛み緩和に繋げます

注射で注入する麻酔薬は、体との温度差があると痛みを感じやすくなってしまいます。そこで当院では、この麻酔薬を体温と同じ温度にする事で、注射した時の刺激の軽減に繋げております。

極力痛みを抑える『電動麻酔注射器』を導入しています

麻酔薬注入麻酔薬の注射はコンピュータ制御されたものを用います。これはコードレス電動麻酔注射器と呼ばれ、超極細針(世界最小クラス)をしてしているため、注射器が触れた感覚さえ分からないほど、いつの間にか注射は終わっています。また患者さまの状態に合わせて麻酔薬の注入速度を3段階に分けているため、理想的な麻酔が可能となっております。また気持ちの面ですが、麻酔においてもやはり緊張していると痛みを過度に感じてしまうものです。そこで当院では麻酔の際にも、リラックしていただけるよう優しい音楽を流して不安を軽減させております。

手間を惜しまず、より患者さまの期待に沿った効果を

手間を掛けることでさらに高い効果を目指します当院では麻酔を2回に分けて行っております。一度目では痛みを感じにくい部位に麻酔を打ち、その効果が現れた後に再度、目的の患部に注射する事で痛みを減らす工夫をしております。こちらは手間と時間が掛かりますが、できるだけ痛みを避ける患者さまに大変満足のいただいている方法です。

痛み軽減にはお互いの信頼が大きく関係します

過去に他の歯科クリニックで麻酔を使用した時に、なかなか効かない・効きすぎた・痛すぎた、といった声をいただく事が多々あります。当院ではこういった過去に嫌な経験がある方でも、不安なく麻酔を使用できるように一人ひとりにあった方法を模索していきます。麻酔は効かないと意味がなく、効きすぎると後の生活に支障を来す事もあります。ぜひ一度ご来院いただき、一緒に最適な麻酔方法を検討しましょう。

治療内容は些細なところまで明瞭に

当院ではどの治療においても、まずは事前の説明を徹底しております。これはもちろん麻酔をする時にもあてはまり、こうした説明を受けて理解をする事で、さらなる痛み軽減にも繋げています。ご不明な点・気になる事があればいつでもお尋ねください。

最新技術(レーザー治療)で麻酔なしでも痛みのない治療を

手間を掛けることでさらに高い効果を目指します当院では炭酸ガスによるレーザー治療器を導入しております。この機器はレーザーを使用する事により、『痛みの少ない・治癒の早い』治療を実現させています。麻酔を使用していない状態でも、狙った患部にピンポイントでほとんど痛みの伴わない治療が可能で、歯の表面・歯周辺組織などあらゆる部位に使用できます。長年、歯医者に通っていなかった人は、この『レーザー治療』をご存知ないかと思われますが、こちらはすでに多くの医療現場で使用されており、安全性が確立されている機器ですので、安心して治療を受けていただく事が可能となっておらます。

治療後の『痛み・腫れ』を極力起こさぬよう尽力しています

治療後の痛み1歯医者での治療は口腔内を普段とは違う状態にしますので、麻酔・レーザー等あらゆる治療において、治療後に小さなトラブルが発生する場合があります。自宅へ戻られてから、食べ物がしみた・歯茎が腫れてしまったという患者さまが稀にいらっしゃいます。

これらの症状は虫歯・治療後の歯の近くにある神経が原因で引き起こされます。当院では歯をできるだけ残す治療を心がけていますので、『神経を取る』といった治療方法はできるだけ避けています。

治療後の痛み2この『神経』を取ってしまえば当然、痛みを感じる事は無くなるのですが、同時に歯が脆く・割れやすい状態にもなってしまいます。長く歯を残すためにも、神経は残しておいたほうが良いというのが当院の診療方針です。 

『無痛治療』についてここまで説明してきましたが、患者さまが置かれる状態によっては痛み軽減よりも治療行為を優先する場合があります。

治療後の痛み3もちろん事前に説明は致しますが、何より大切なのは『健康な歯を長持ちさせる』事ですので、急を要する場合、痛みを伴う治療を行う事があるというのは念頭に入れておいてください。

痛くない治療をまずは体験してみてください。今までの歯医者さんが嫌いだった方でも歯医者さん嫌いが治るように全スタッフで時間と手間をかけて丁寧で安全な治療を心がけます!